So-net無料ブログ作成
検索選択

 今流行のネタはコレでしょ!トレンド最前線ブログ

 

過去ログページ

ほんとにあった怖い話2013 8月17日放送

毎日暑い日々が続いていますが、、、

夏の風物詩としてすっかり定着した人気シリーズ

『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2013』が今年も超豪華キャストで放送します!!



13760207520001.jpg



『ほんとにあった怖い話』 通称『ほん怖』は1999年にスタートし、

今年14周年を迎えるオムニバス形式のリアルホラー ドラマです。

日本中から届いたほんとに起きた心霊現象や不思議な体験を忠実にドラマで再現。

そしてSMAPの稲垣吾郎さんを案内人とした
「ほん怖クラブ」のメンバーたちがスタジオで怖さを吹き飛ばす
おまじないを唱えるのが定番となっています。


今年の「ほん怖」にも魅力的なキャストが集結しています。

幅広い年齢層に人気の坂口憲二さん、
映画やドラマに引っ張りだこの 深田恭子さん、
フジテレビのドラマ初主演となるKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん、
AKB48総選挙でセンター獲得後初のドラマ主 演となるHKT48指原莉乃さん、
『笑っていいとも!』Holidayレギュラーとして活躍する鈴木福くんと、

話題沸騰の5人がホラードラマに主演。




「ほん怖クラブ」館主 - 稲垣吾郎

『女子高大パニック』
(脚本 - 酒巻浩史、鶴田法男 / 演出 - 鶴田法男)
沢木洋介(35)・・・坂口憲二

『影の暗示』
(脚本 - 木滝りま / 演出 - 森脇智延)
遠山美和(27)・・・深田恭子

『Xホスピタル』
(脚本 - 鶴田法男、穂科エミ / 演出 - 鶴田法男)
佐々木直樹(26)・・・藤ヶ谷太輔

『蠢く人形』
(脚本 - 穂科エミ / 演出 - 森脇智延)
園田里菜(21)・・・指原莉乃

『幼き眼力』
(脚本 - 酒巻浩史、鶴田法男 / 演出 - 鶴田法男)
畑野竜(9)・・・鈴木福



「ほん怖」ならではのリアリティー溢れる演出と、豪華キャストの「恐怖顔」に大注目です。

夏の熱帯夜を吹き飛ばす恐怖をお届け!!!


SMAP ドラマ視聴率王は誰!? キムタクか?それとも草なぎ?

いつまでも人気が高いSMAPメンバー。

smap_a02.jpg

5人それぞれ主演ヒットドラマがありますが・・・
この5人の中で誰が一番高い視聴率を獲得してきたのか気になりませんか?

No1はキムタクであることは、比べるまでもないかと思いますが、
ほかの4人は果たしてどうなんでしょうか??

バラエティに強いリーダー中居なのか・・・
フジテレビ系の『僕』シリーズが毎回好評の草なぎなのか・・・
それとも、両さんに孫悟空、映画ではハットリ君など、キャラクター物に強く、
小さい子にも人気がある香取か・・・
はたまた、最近では脇役として印象的な活躍の機会が多い稲垣なのか。


まずは木村拓哉さんから。
初主演作が、あの『ロングバケーション』(フジ・1996年)。

最高視聴率が36.7%で、平均視聴率29.6%、キムタクは最初からスゴかったんですね!

最も平均視聴率が高かったのが『HERO』(フジ・2001年)で34.3%、
続いて『ビューティフルライフ』(TBS・00年)32.3%、『ラブジェネレーション』(フジ・97年)30.8%と、
30%超えの高視聴率で(4位『GOOD LUCK!!』も30%超え)、

最も平均視聴率が低かった『月の恋人』(フジ・10年)でも16.8%もある。

結果、『南極大陸』(TBS)までの計15本で平均24.9%という高い数値を記録してました。



続いて中居正広さん。

平均視聴率が良かった順に、『白い影』(TBS・01年)20.3%、
『砂の器』(TBS・04年)19.6%、『伝説の教師』(日テレ・00年)19.1%。

ワーストは『婚カツ!』(フジ・09年)の10.5%で、主演10作品の平均は16.4%。


草なぎ剛さんは、上から順に『僕と彼女と彼女の生きる道』(フジ・04年)20.8%、
『いいひと。』(フジ・97年)20.4%、『成田離婚』(フジ・97年)18.6%。

ワーストが草なぎ唯一の平均ヒトケタ作品となる
『猟奇的な彼女』(TBS・08年)の8.3%。主演13作品平均は15.8%。



続いて香取慎吾さん。

上から順に、『西遊記』(フジ・06年)23.2%、『人にやさしく』(フジ・02年)21.4%、
『薔薇のない花屋』(フジ・08年)18.8%。

劇場版まで公開された『こち亀』(TBS・09年)が慎吾ドラマのワースト9.3%という結果に。

慎吾ドラマ、10作品の平均は16.6%。



そして稲垣吾郎さん。

一番平均視聴率の高かったドラマが『二十歳の約束』(フジ・92年)の16.5%。

あとは、『ブスの瞳に恋してる』(フジ・06年)16.0%、『ソムリエ』(フジ・98年)13.0%。

ワーストが95年の『最高の恋人』(テレ朝)の9.1%で、稲垣の平均は12.3%。




結果・・・・木村→香取→中居→草なぎ→稲垣という順番になってます。




順当と見るか、意外と見るか。

これはあくまで単純に主演連ドラの平均を出して並べてみただけのものなので、
メンバーの優劣を表すものではありません。



これからもSMAPの活躍が楽しみですね☆

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。